自由すぎるニュース集

当ブログはほぼ毎日のニュース関係を記事にしています。所謂まとめブログですが、少しでもましな内容になるよう運営しています。

  • Twitter
  • RSS

    NGO

    1: みつを ★ 2017/04/11(火) 05:59:01.03 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3124650?act=all

    【4月10日 AFP】南スーダンでは、これまで飢餓が宣言されていなかった地域でも食糧が欠乏し、村人たちは木の葉や栽培用に貯蔵してある種子を食べて飢えをしのいでいると、人道支援団体が10日、警告した。

     非政府組織(NGO)「ノルウェー難民委員会(Norwegian Refugee Council)」によると、同国北部に位置するアウェル(Aweil)州のアウェル中央(Aweil Centre)郡周辺の村が飢餓に陥っている。同郡の東に位置する二つの郡では2月に飢餓宣言が出されている。 
    【命綱は「木の葉」、南スーダン襲う食糧危機 貴重な貯蔵種子も食用に】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団 ★ 2016/08/22(月) 08:35:56.65 ID:CAP_USER9
    攻撃目標を探知し、自ら敵を選別して殺傷する「殺人ロボット兵器」の規制策を話し合う初の公式政府専門家会議が、 来年ジュネーブで始まる見通しとなった。条約策定に向けた議論が始まることを意味する。

    人工知能(AI)の急速な発達と対照的に殺人ロボットの規制論議は進んでおらず、 非政府組織(NGO)の間では開発禁止を求める運動も広がってきた。
    【殺人ロボ兵器の歯止め模索へ 初の専門家国際会議を来年開催】の続きを読む

    1 :リサとギャスパール ★ :2016/05/05(木) 14:53:36.01
     多くの人命や建物に被害を及ぼした熊本地震は、避難生活を続ける子どもの心にも影を落としている。被災者のケアに当たる医師らによると、絵で花をうまく描けなかったり、けんかが増えたりしているという。なお続く余震や長期避難のストレスが原因とみられ、支援する精神科医は「避難所で子どもは自由に遊べず、親も周囲を気にする。住宅の手当てなど早期支援が必要だ」と指摘する。
    【避難所の子ども、心に変調、花の絵描けず ボランティアに暴力振るう例も】の続きを読む

    hk3-campaign-582x388


    1: potpourri ★ 2015/05/20(水) 22:10:01.93 ID:???*.net
    ゴミについたDNAから顔を復元、ポイ捨てした人をポスターにするキャンペーン
    http://wired.jp/2015/05/20/creepy-ads-use-litterbugs-dna-shame-publicly/

    香港のNGOが、街に落ちているゴミを集めて、付着したDNAから落とし主の顔をデジタル写真に復元。ポスターにして掲示している。

    今度、タバコの吸い殻などを地面にポイ捨てしそうになったら、この恐ろしい事実を思い出してほしい。
    1ナノグラム未満の乾いた唾液からでも、科学者は、本人の顔に薄気味悪いほど似たデジタル写真を作成できるということだ。

    近未来的技術を利用した指名手配写真を思わせるこれらのポスターは、香港の非営利団体
    「Hong Kong Cleanup」のために、広告代理店オグルヴィが制作したものだ。

    このプロジェクト「Face Of Litter」(ゴミの顔)は、2013年に話題になったプロジェクト「Stranger Visions」によく似ている。
    ニューヨーク市に住むアーティスト、ヘザー・デューイ=ハグボーグは、街角に落ちている
    髪の毛や爪、タバコの吸い殻、チューインガムなどのDNA情報から、顔を再現した3Dプリント作品を
    制作したのだ(日本語版記事)。それは、こうした生物学的手段を、どういう目的で用いるべきかをめぐる議論を引き出すものとなった。

    香港のプロジェクトの場合は、クリエイティヴ・チームに、米国ヴァージニア州の企業Parabon Nanolabs社が協力している。
    同社は犯罪捜査のツールとして利用するために、微量のDNAからデジタル写真を作成する方法を開発している。
    米国防総省の支援を受けて、5年以上前からこの技術開発を行っている。

    【ゴミについたDNAから顔を復元、ポイ捨てした人をポスターにするキャンペーン】の続きを読む

    このページのトップヘ