1: 記憶たどり。 ★ 2017/04/14(金) 09:26:51.65 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000011-mai-soci

福島県は13日、自然保護課の40代の男性職員が昨年度、クマの被害防止用の 注意看板を業者に発注する際に、計20枚(約29万円相当)を自費で購入していたと 発表した。県内でクマの出没が相次いで発注を急ぐあまり、本来は必要な上司の決裁を 待っていられなかったという。県は内規違反があったとして職員の処分を検討している。 
【【画像あり】決裁待てず…熊注意看板を自費購入 職員処分検討】の続きを読む