自由すぎるニュース集

当ブログはほぼ毎日のニュース関係を記事にしています。所謂まとめブログですが、少しでもましな内容になるよう運営しています。

  • Twitter
  • RSS

    水位低下

    1: brown_cat ★  2016/11/21(月) 17:47:12.73 ID:CAP_USER9
    死海の水位、低下の一途 泳いで横断の啓発イベントも
    2016.11.21 Mon posted at 16:00 JST

    (CNN) イスラエルとヨルダン、パレスチナのヨルダン川西岸に囲まれた塩湖の死海が急速に縮小し続けている。 この現状に警鐘を鳴らすため、今月に入って死海を泳いで横断するイベントも開かれた。

    環境保護団体によれば、死海の水位は年間約1メートルのペースで縮小を続ける。原因は主に人間の活動にあるという。 
    【死海の水位、低下の一途 泳いで横断の啓発イベントも】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 08:59:44.78 ID:???.net
    時事ドットコム:死海が「死の危機」=水位低下、沿岸に陥没孔-観光産業にも影響か
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015050100548&g=int


    no title

    no title

    イスラエルの死海沿岸の町エン・ゲディに出現したシンクホール=2015年(エリ・ラッツ氏提供)
    no title

    死海で浮かぶ観光客ら=4月28日、イスラエルのエン・ゲディ


     【エルサレム時事】世界で最も低い場所にあり、観光地としても有名な死海が「死の危機」に直面している。水位低下による消滅の懸念に加え、近年では沿岸に「シンクホール(陥没孔)」と
    呼ばれる穴が多数出現。地元住民らは対応策に頭を悩ませている。
     海抜約マイナス430メートルに位置する死海は、イスラエル、ヨルダン川西岸地区、ヨルダンに囲まれた塩湖。北から流れるヨルダン川が主な水源だ。そのヨルダン川からイスラエルや近隣諸国が
    大量取水していることなどが原因で、死海は2050年までに干上がると言われてきた。
     これに加えて最近では、急増するシンクホールが人々の頭痛の種となっている。死海周辺では1980年代に初めて発見され、今では約5000個に上るとみられている。
     イスラエルの地質学者エリ・ラッツ氏は「シンクホールは死海の水位低下と関係している」と指摘する。水面の低下に伴い、地下水が地中の塩の層と接触。塩が溶けて地中に空洞が形成され、
    地表が何かの弾みで崩れると、大きな穴が突然出現するメカニズムという。
     シンクホールが与える影響について、ラッツ氏は「人が落下する危険性に加え、経済的損失も大きい」と話す。同氏が暮らす死海沿岸の町エン・ゲディでは、住民の生計の糧であるナツメヤシ農園の
    7割以上が使えなくなった。既に一部のビーチや道路も安全上の理由で閉鎖を迫られ、観光客の足を遠のかせる原因となりかねない。
     死海の水位低下を食い止めるため、紅海から水を引く計画が長年検討されてきた。今年2月には第1段階として、イスラエルとヨルダンがパイプライン建設などに関する合意文書に署名。だが、
    ラッツ氏は「全く違う質の水を混ぜれば多くの問題が起きる可能性がある」と計画に反対する。
     現段階では、シンクホールの危険区域を設定する以外、有効な対策はないとされる。(2015/05/01-17:44)

    【【環境】死海が「死の危機」=水位低下、沿岸に陥没孔-観光産業にも影響か】の続きを読む

    このページのトップヘ