自由すぎるニュース集

当ブログはほぼ毎日のニュース関係を記事にしています。所謂まとめブログですが、少しでもましな内容になるよう運営しています。

  • Twitter
  • RSS

    宇宙

    1: 野良ハムスター ★  2016/12/22(木) 14:07:01.40 ID:CAP_USER9
    ライデン天文台(オランダ)の天文学者マーゴット・ブラウワー氏らの研究チームは、宇宙における重力分布の測定データを分析し、「エントロピック重力理論(ヴァーリンデ理論)」と一致する結果を得たと報告した。エントロピック重力理論は、2010年にアムステルダム大学の理論物理学者エリック・ヴァーリンデ教授が発表した重力についての新理論。

    重力とは「電磁気力」「強い力」「弱い力」と並ぶ自然の基本的な力ではなく、実は「見かけの現象」に過ぎないとする理論であり、発表当時、物議を醸した。この理論に立つと、宇宙の全質量・エネルギーの約27%を占めるとされる目に見えない未確認の重力源「暗黒物質(ダークマター)」を想定しなくても良くなる点も注目されている。ブラウワー氏らの研究論文は「英国王立天文学会月報」に掲載された。 
    【【画像あり】ダークマター存在せず? - 「エントロピック重力理論」と観測データが一致】の続きを読む

    1464468478


    1 :Sunset Shimmer ★ :2016/05/29(日) 05:47:58.96
    2016/5/28 6:30

     ビッグバンで誕生して以来、宇宙は膨張を続けている。その膨張する速度は、物質の重力(万有引力)の作用で徐々に落ちていると考えられていた。ところが実際にはスピードアップしつつあることが明らかになり、天文学者を驚かせている。

    HSC(Hyper Suprime-Cam)は国際協力で開発した世界一大きな超高感度デジタルカメラだ。レンズを組み込んだ鏡筒は直径1m、長さ165cm、総重量約3トン。レンズは大きなものでは直径82cm、使用する超高感度CCDは約8億7000万画素(写真提供:国立天文台/HSCプロジェクト)
    【"ダークマター"の凝集を阻害する"暗黒エネルギー"、日米の国際共同プロジェクトが正体解明に挑む】の続きを読む

    このページのトップヘ