自由すぎるニュース集

当ブログはほぼ毎日のニュース関係を記事にしています。所謂まとめブログですが、少しでもましな内容になるよう運営しています。

  • Twitter
  • RSS

    2015年06月

    1: ひろし ★ 2015/06/26(金) 19:28:47.95 ID:???*.net
    【6月25日 AFP】(一部更新、写真追加)見た目が非常に奇妙なため「ハルキゲニア(Hallucigenia、幻覚を生むもの)」と
    命名された先史時代の小さな細長い生物について、科学者らは数十年前からその体構造の復元を試みてきた──。

    【ハルキゲニアの復元図は、上下逆さまだっただけでなく、前後も逆だった 化石に目と口を発見 研究】の続きを読む

    o-HYAKUTA-NAOKI-facebook


    1: かばほ~るφ ★ 2015/06/25(木) 23:26:10.87 ID:???*.net
    「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」 自民勉強会
    2015年6月25日22時56分

    安倍政権と考え方が近い文化人を通し、発信力の強化を目指そうと、安倍晋三首相に近い若手議員が
    立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」(代表=木原稔・党青年局長)の初会合が25日、自民党本部であった。
    出席議員からは、広告を出す企業やテレビ番組のスポンサーに働きかけて、メディア規制をすべきだとの
    声が上がった。
    【「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」 安倍首相に近い自民党若手議員が立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」が初会合】の続きを読む

    post_10492_20150624


    1: DQN ★ 2015/06/25(木) 00:13:20.10 ID:???*.net
     日本のスポーツカー事情が上向き始めたようにみえる。マツダのロードスター、そしてホンダのS660
    と、手頃で上出来な新型国産スポーツカーが立て続けにデビューしたことで、メディアへの露出機会も多
    くなり、“スポーツカー気分”が醸造されてきた。

     折しも円安が進行し日本の株価は上がり、自動車メーカーは潤いを取り戻し、スポーツカーのようなあ
    る意味“不必要”なフィールドの面倒をみる余裕が出てきたのかもしれない。先月13日、トヨタ自動車とマ
    ツダが業務提携に関して共同記者発表を行い、両社のトップが「楽しいクルマをつくっていこう」と声を
    合わせた。

    【根源的理由 そもそも日本人は運転が好きではなく、向いていない】の続きを読む

    2b3xOC9xwzDoH0al


    1: えりにゃん ★ 2015/06/23(火) 11:00:48.65 ID:???*.net
    時事通信 6月23日 10時19分配信

     【ベイルートAFP=時事】18日からイスラム教のラマダン(断食月)入りしている
    シリアで22日、過激派組織「イスラム国」が断食破りを理由に少年2人を処刑した。
    在英のシリア人権監視団のアブドルラフマン代表が、住民たちからの情報として
    明らかにした。
     現場は東部デリゾール県の村で「2人とも『宗教警察』横の木に昼からつるされ、
    夜になってもそのままだと住民らが話している」と代表は語った。遺体には
    「断食破り」と掲示が添えられているという。
     「イスラム国」は支配地で斬首や石打ち、むち打ち、はりつけといった残酷な刑罰を
    科している。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150623-00000044-jij-m_est

    【IS、断食破りで少年2人処刑-シリア】の続きを読む

    woP9mwJ7LW5h6L1_15691


    1: かばほ~るφ ★ 2015/06/22(月) 10:06:20.95 ID:???*.net
    元少年A 仕事を始めても「酒鬼薔薇らしい」と噂立ち職を転々
    2015.06.22 07:00

    6月11日に発売された元少年Aによる手記『絶歌』(太田出版)。遺族は猛抗議し、世間からは批判が噴出している。
    著者として公の立場に身を置くことが、世間の大きな注目や批判を浴び、自らの生活を脅かす危険があることも
    【元少年A、仕事を始めても「あいつは酒鬼薔薇らしい」と噂が立ち職を転々】の続きを読む

    Trafficnews_41043_1


    1: ひろし ★ 2015/06/21(日) 17:23:39.31 ID:???*.net
    「乗りものニュース」が「Yahoo!ニュース」と共同で意識調査を行ったところ、
    自転車は免許制にすべきという意見が6割以上を占めました。そうしたなか法的拘束力はないものの、
    既に独自の免許制度を設けている自治体などもあり、一定の成果を上げているようです。
    交通事故全体の約2割を占める自転車関連

    【自転車の免許制、賛成が6割以上 独自に導入する例も】の続きを読む

    chosenjo2_11


    1: かばほ~るφ ★ 2015/06/21(日) 11:42:27.91 ID:???*.net
    酒鬼薔薇 同年代の恋人女性と同棲証言あるも日本脱出は困難か
    2015.06.21 07:00

    1997年、「酒鬼薔薇聖斗」の名前で犯行を行い、日本中を震撼させた神戸連続児童殺傷事件。
    小学生5人が襲われ、2人が死亡、3人が負傷。中でも、土師淳くん(享年11)の殺害は、
    中学校の正門前に頭部の一部を置き去るなど凄惨なものだった。

    【「酒鬼薔薇聖斗」、昨年夏ごろに東京都郊外の団地で同年代の恋人女性と同棲していたとの証言】の続きを読む

    img_626ba0531d1867ce304c6829515bfdc9437571


    1: 百谷王 ★ 2015/06/21(日) 12:12:01.31 ID:???*.net
    韓国語で「大丈夫」を意味する「ケンチャナヨ」という表現がある。「感染しているかもしれないが、ケンチャナヨ」。
    国全体を覆うそんな意識が事態の悪化を招いているのではないか。

    中東呼吸器症候群(MERS)が韓国で猛威を振るっている。6月19日午前時点で死者は24人、感染者は166人に拡大。
    隔離対象者も5900人まで増えている。今回のケースについて、政府の後手に回った対応と感染者・
    隔離対象者の認識の甘さが重なった結果、と見る向きは多い。甘すぎた政府の初動対応

    MERSは2012年に初めて確認され、サウジアラビアやアラブ首長国連邦を中心に感染者が発生した。症状としては、
    38度を超す熱やせきが続く。世界保健機関(WHO)によると、感染者の死亡率は40%。飛沫や人との接触による感染が多いという。

    韓国で感染が拡大するきっかけとなったのは、4~5月にサウジアラビアやバーレーンを旅行した60代の男性だ。文亨杓(ムン・ヒョンピヨ)・
    保健福祉相が「管理網があまりにも狭かった」と対策のまずさを認めるほど、政府の初動対応は甘かったと言わざるをえない。

    情報公開も適切とはいえない。最初の感染者を確認してから、2週間が経ってようやく、入院している病院名などを公表。
    その間、事実とは異なる、誤った情報が拡散してしまった。

    今月8日には、最初の感染者が入院していた病院から新規の感染者が出ていないことを理由に、「一次感染の終息」を宣言した。
    が、その後も別の病院で新たな感染者が出ており、死者も増えている。何のための終息宣言だったのか。これだけでも政府の迷走ぶりがわかる。

    感染者自身の行動も軽率だった感が否めない。感染を疑われながら韓国を出国した男性や、隔離対象者であるにもかかわらず
    ゴルフざんまいだった女性など、例を挙げればキリがない。また、感染者と接触した医師が、1000人超の参加する集会に
    出入りしていたことも判明している。一般民間人だけならまだしも、医療関係者までこの程度の認識なのだ。

    観光への影響も顕在化

    朴槿恵(パク・クネ)大統領への不満も最高潮に達している。6月8日に実施された世論調査では、支持率が前回(5月下旬実施)から
    8ポイント下落し、37.7%まで低下。「国政運営が間違っている」という回答は7ポイント上昇の55.6%となった。

    メディアから対応の不備を突かれた際、朴大統領は「マニュアルどおりに対処したが、結果的には初動対応に弱点があった」と発言し、
    国民から反発を食らった。その後も「打ち勝つという意志があれば、ひどい病魔も克服できる」と発言。「病は気から」、という非科学的な
    発言で責任逃れをしていると、国民はあきれ返っている。

    渡航の自粛を促す国も増えており、香港や台湾では計4万人超が韓国行きをキャンセルしたという。日本でも旅行を取りやめる人が出てくるなど、
    順調だった観光業にも影を落とし始めている。

    患者の早期の回復を願うばかりだが、隣国発の流行が日本に波及しないか、心配と不満は募る一方だ。

    http://toyokeizai.net/articles/-/73500

    【韓国社会の"病根"がMERS禍の拡大を招いた】の続きを読む

    このページのトップヘ