自由すぎるニュース集

当ブログはほぼ毎日のニュース関係を記事にしています。所謂まとめブログですが、少しでもましな内容になるよう運営しています。

  • Twitter
  • RSS

    2015年05月

    000051040_640


    1: coffeemilk ★ 2015/05/23(土) 19:50:37.58 ID:???*.net
    フジテレビ系(FNN) 5月23日 17時53分配信

    23日午前、北海道・旭日市のアパートで、男性の遺体が見つかり、警察は、「男を殺した」と通報してきた18歳の少女から、事情を聴いている。
    23日午前11時20分ごろ、北海道・旭川市のアパートに住む18歳の少女から、「男の首を絞めて殺した」と、警察に通報があった。

    通報を受け、警察官が駆けつけたところ、アパートの部屋の中で、深川市に住むとみられる、31歳の男性の遺体が見つかった。
    遺体には、電気コードのようなもので、首を絞められた痕があった。
    警察によると、少女は「きょうの朝、話がもめて、殺してしまった」などと話しているという。

    少女と男性は、交際していたとみられ、警察は、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて、殺人容疑も視野に、現在、くわしく事情を聴いている。

    ソース元に動画あり
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150523-00000068-fnn-soci

    【アパートで31歳男性が死亡 「男の首を絞めて殺した」と通報した18歳少女を聴取 北海道】の続きを読む

    Haim-Dotan22-644x350


    1: potpourri ★ 2015/05/22(金) 22:51:57.37 ID:???*.net
    中国にこの夏、世界一高い「ガラスの橋」が登場!?地上300mからバンジージャンプも
    http://irorio.jp/daikohkai/20150522/230361/

    中国湖南省にある張家界国家森林公園は、険しい峰が連なるカルスト
    地形の景勝地として知られている。実はそこに橋が架けられ、今年の7月にもオープンすることになった。
    透明な足元から300m下が丸見え

    その橋は大峡谷にある断崖をつなぐもので、2013年に建設が始まり、間もなく完成する予定とされる。

    CNNによれば、長さは430m、幅は6m。足下は透明な強化ガラスでできた
    スカイウォークとなっており、高さ300mから真下をのぞき込み、空中を散歩するような雰囲気が味わえるらしい。

    ちなみに、現存するスカイウォークとしては、長さ・高さともに世界一だそう。

    手掛けたのはイスラエルの建築家、ハイム・ドタン氏。このスカイウォークには
    航空宇宙分野で使用される最新の複合素材が使われているため、
    800人も一度に渡ることができ、ファッションショーなども開催できるという。
    世界一のスカイウォークからバンジーも

    また張家界の橋からは、バンジージャンプもできるとされ、
    マカオ・タワーが持っていた記録(高さ233m)を抜き、
    世界で最も高い場所からダイブが楽しめるとか。

    世界一のスカイウォークについてネット上では、

    僕はパスする!
    たぶん恐ろしくて下を見れないし、端には近寄れないだろう。もしかしたら目も眩んで、這って進むかもしれない。
    これは楽しみだ!休暇がとれたら、絶対行って、挑戦する!

    といったコメントが。

    高い場所が苦手でなければ、この夏、張家界のスカイウォークを楽しんでみてはいかがだろうか。

    【中国にこの夏、世界一高い「ガラスの橋」が登場!?地上300mからバンジージャンプも】の続きを読む

    70361550a955d4ab60efb58f1a1edbee


    1: potpourri ★ 2015/05/22(金) 22:43:19.42 ID:???*.net
    「冗談だろ…」核ゴミの最終処分場を国主導で選ぶという政府の決定に衝撃が広がる
    http://irorio.jp/nagasawamaki/20150522/231015/

    政府は「核のゴミ」の最終処分場の選定を国主導で行うことを決めた。
    自治体主導から国主導へ

    政府は22日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分場の選定について、
    国が候補地を選定して自治体に協力を申し入れる方式にするという基本方針を閣議決定した。

    従来の自治体の表明を待つ公募方式から一転、国が主導で候補地を選定することになる。
    経産省が候補地を選定へ

    新たな選定方法では、経済産業省の審議会が「科学的な有望地」を選定。

    候補地を選定した後は、2年ほどの「文献調査」と4年程度の「掘削などによる概要調査」、
    15年程度の「地下施設で試験する精密調査」の3段階の調査を経て、最終候補地を絞り込む。

    火山の半径15キロ圏内や活断層付近などは候補地から除外される見通しだ。
    また、候補地の選定にあたっては、人口密度や土地利用の状況なども配慮するという。

    政府は処分場を受け入れた地域には、発展につながる支援策を講じるとしている。
    処分場選考が難航する現状を打開へ

    政府が核ゴミの最終処分場の選定方法を転換することを決めた背景には、処分場の選定が難航していることがある。
    菅官房長官は22日の閣僚会議で処分場についてこのように述べた。

    処分地が必要であることからは逃げられない。問題を先送りせず、国民の理解を得ながら一歩ずつ前へ進めていく

    核ゴミの最終処分に関する基本方針が改定されたのは7年ぶりだ。
    ネット上には「強制的…」と嘆く声

    核ゴミの最終処分場の選定方法が変更されたことを受けて、ネット上にはさまざまな反響が寄せられている。

    ナニコレ!酷いことになってきた!
    冗談だろ
    独断で『白羽の矢』を立てられたら、回避不能って事か?
    「最適地」を決め、地元に押し付けていくからな!という方針
    強制的って事だ
    どこにするのやら。国会議事堂の真下とかいいんじゃないの

    ショックをあらわにする声が続々と投稿されている。
    世界で核ゴミの処分が問題に

    核ゴミの処分については、世界でも問題となっている。

    フランスでは、最終処分場について1991年から議論を続け、10年後に北東部のビュールで最終処分場の使用運転を始める予定としている。
    しかし、反対派の運動もあり、いつ操業開始できるかは不透明なままだ。

    現在、最終処分場の予定地が決まっているのはスウェーデンとフィンランドの2ヶ国のみ。フィンランドは今年、世界初となる核ゴミの処分場建設を開始する計画だ。

    【「冗談だろ…」核ゴミの最終処分場を国主導で選ぶという政府の決定に衝撃が広がる】の続きを読む

    150521171614


    1: 野良ハムスター ★ 2015/05/21(木) 11:41:53.06 ID:???*.net
    インターネット上の掲示板に秋篠宮家の次女佳子さま(20)に危害を加える内容の書き込みをして
    皇宮警察の業務を妨害したとして警視庁は21日、東京都新宿区大久保2丁目の無職池原利運容疑者(43)を
    偽計業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。「警察の業務を妨害するとは思わなかった」と供述しているという。

    捜査1課によると、池原容疑者は16日午後、掲示板「2ちゃんねる」に佳子さまの名前を挙げて
    「逆らえないようにしてやる」などと書き込み、皇宮警察の警備を強化させるなど業務を妨害した疑いがある。

    http://www.asahi.com/articles/ASH5P3HMZH5PUTIL00M.html

    【佳子さまを2ちゃんで脅迫 無職・池原利運容疑者(43)逮捕】の続きを読む

    1: 野良ハムスター ★ 2015/05/21(木) 09:49:32.13 ID:???*.net
    「若い血が年老いたマウスの体を若返らせる」という研究が2014年に発表されました。
    この研究では「若い血の中のタンパク質に老化した細胞を復活させる力がある」ということでしたが、
    別の研究チームにより、同じように若い血を年老いたマウスの体に導入すると自然治癒力が上がることがわかりました。
    こちらの研究では、若返りにはβカテニンが密接に結びついていることが判明しています。

    Exposure to a youthful circulaton rejuvenates bone repair through modulation of [beta]-catenin :
    Nature Communications : Nature Publishing Group
    http://www.nature.com/ncomms/2015/150519/ncomms8131/full/ncomms8131.html

    この研究はトロント大学・トロント小児病院のチームが行ったもの。
    論文の責任著者であるベンジャミン・A・アルマン博士は、トロント小児病院の整形外科長です。

    年を取った人の方は若い人よりも自然治癒力が低く、けがの治りが遅かったり、骨折時の骨の修復が遅かったり、
    歯のインプラント治療をするとチタンと歯が一体化するオッセオインテグレーションが遅かったりします。
    しかし、この骨の修復速度や、骨形成能(骨を作る能力)がなぜ変わってくるのか、何が原因なのかはわかっていませんでした。

    この傾向は人もマウスも同じだということなので、アルマン博士らのチームがマウスを用いて調べたところ、
    近年の「若い血が年老いたマウスの体を若返らせた」という研究と同じように、若い血液を使うと自然治癒力が
    上がることがわかりました。

    実験では、2匹のマウスの血液がお互いに循環するように並体結合。1組はマウスとしては若くない
    20ヶ月のマウスを2匹結合し(下図・ISO)、もう1組は20ヶ月のマウスと若いマウスを結合しました(下図・HET)。
    すると、ISOよりもHETの方が、骨折した骨や筋肉が早く回復しました。

    さらなる実験で、若いマウスと並体結合しなくても、若い骨髄を移植することでも同じように骨の修復や
    骨芽細胞の分化が早まることが判明。アルマン博士らは、この「若返り」の原因が、Wnt/β-カテニン経路の
    変調にあることを突き止めました。また、骨折からの回復時の炎症期にも潜在的な役割を果たし、
    効率的な炎症反応が起きるように作用しているという重要性が明らかになりました。

    今後、Wnt/β-カテニン経路の働きを低下させ、炎症反応をコントロールすることで、骨折修復や
    インプラントのオッセオインテグレーションを改善することができるのではないか、と期待されています。

    no title

    no title

    http://gigazine.net/news/20150520-youthful-circulation-rejuvenates-bone-repair/

    【若い血を取り入れると、年老いた体が若返り、自然治癒力が高まる】の続きを読む

    12_05_08-012


    1: Hikaru ★ 2015/05/21(木) 08:35:59.32 ID:???*.net
     小型無人機「ドローン」で空撮した映像を伝送するため無免許で無線設備を設置したとして、
    神奈川県警大磯署は20日、東京都武蔵村山市大南の空撮会社「フライトエディット」と、
    同社の男性社長(51)を電波法違反の疑いで横浜地検小田原支部に書類送検した。

     総務省によると、ドローンが「不法無線局」として摘発されるのは全国で初めて。

     同署の発表によると、同社と男性社長は、昨年11月3日に同県大磯町で開催されたマラソン大会で、
    空撮映像を伝送するための無線設備をドローンに取り付け、無免許で無線局を開設した疑い。
    男性社長は無線局を開設したことは認めており、無線局が常設でなければ違法ではないと思っていたと説明しているという。

     同社は、大会の協賛企業から空撮を請け負い、同社の契約社員が
    スタート地点近くでドローンを操縦していた。ドローンはスタート地点から約300メートルの場所で
    上空をホバリングしていて墜落し、大会スタッフの女性(40)が顔にけがをした。

    YOMIURI ONLINE 2015年05月21日 07時44分
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20150520-OYT1T50138.html

    【空撮映像伝送ドローン「不法無線局」で初の摘発】の続きを読む

    DSCN1942


    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/20(水) 23:05:19.47 ID:???*.net
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20150519-OYT1T50141.html

    広島県庄原市東城町川鳥の林道工事で、橋(長さ127メートル、幅6.5メートル)の橋台が、
    設計よりも約50センチ高く造られていたことがわかったと、発注した県が19日、発表した。
     施工業者の測量ミスが原因で、県は業者に工事のやり直しを指示した。追加工事にかかる約3000万円は全額業者が負担する。
     林道は、県北部農林水産事務所が発注し、2016年度中に供用を開始する予定。
    県によると、今年4月、橋りょうの施工業者が測量した際、左岸の橋台が設計図よりも高くなっていることが判明した。

     その後の県の調査で、12~13年に橋台を施工した庄原市の業者が測量を行った際、
    機器の数値を見誤り、間違ったデータを基に工事が行われたことが原因とわかった。

     橋台を約50センチ削ると、橋の強度が保てないことから、県は一から造り直すように命じた。
    橋りょう工事と並行して行うため、供用開始時期への影響はないという。
    県林業課は「工事後の県による確認も、業者のデータを基に行ったため、発覚が遅れた。再発防止策を検討したい」としている。

    【測量ミスで橋台が50センチずれるミス、全額業者負担で工事やり直しへ】の続きを読む

    このページのトップヘ