1: 記憶たどり。 ★ 2017/05/01(月) 08:32:06.82 ID:CAP_USER9
http://www.sankei.com/life/news/170501/lif1705010008-n1.html

先の大戦の映像や資料を集めている大分県宇佐市の市民団体 「豊の国宇佐市塾」は30日、米国立公文書館から新たに入手した 米軍の映像を報道陣に公開した。名古屋、大阪両市の市街地への空襲や、鹿児島県での空中戦などを記録。昭和19年~20年に9都府県の上空で 撮影された。 


市街地にB29爆撃機が焼夷(しょうい)弾を投下する場面や、列車への 機銃掃射などの様子が収められている。鹿児島県・喜界島周辺での空中戦は 旧日本海軍の戦闘機「紫電改」が攻撃を受ける場面が写されている。 


米軍が撮影した沖縄県・伊是名島周辺で攻撃を受ける 
旧日本海軍九四式水上偵察機=1945年5月4日 
no title


米軍が撮影した名古屋市の空襲 =昭和20年5月14日 
no title


鹿児島県・喜界島上空で米軍に撮影された旧日本海軍の戦闘機「紫電改」 
=1945年5月4日 
no title














9: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:34:41.96 ID:LrkDcyip0
>>1
>米軍が撮影した名古屋市の空襲 =昭和20年5月14日
>no title


これで名古屋城燃えちゃったんだな
アメリカの民間人大量虐殺

21: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:52:41.42 ID:PPJ9jD6C0
>>1

>豊の国宇佐市塾


日本人が作った団体か?

だとしたら、真っ先に、あの「慰安婦資料」を手に入れよ。
アメリカの国立公文書館には、あのテキサス親父がyoutube でさらした慰安婦に関する資料がある。

そんな、戦闘の画像より、今の日本には一番大切な資料だ。

25: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:59:12.35 ID:zKzsP0eB0
>>21
ただの軍ヲタの集まりだから
その類は興味ないよう

103: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 10:00:48.47 ID:5qWEz4Pl0
>>1
もう待った無しの所まで来ているんだろう
日本が選べる道は3つ

1つ目は、今まで通りアメリカの執拗な嫌がらせから逃れる為にアメリカの犬で居続けること-------保守派の考え方
2つ目は、アメリカに対向する為に中国朝鮮と仲良くすること(奴隷になるということ)----------パヨクの考え方
3つ目は、日本単独で強大な軍事力を持ち自前の資源を持つこと------------------------日本国民全ての希望

つまり日本が選べる道は、
くやしいが戦後70年そしてこれからも消去法で、
1つ目しか無い
2つ目は論外
3つ目は究極の理想だが条件が全て揃わないと第二次世界大戦の二の舞

115: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 10:06:09.96 ID:lrFITOmtO
>>103
今はアメリカの飼い犬(牙なし)

アメリカの飼い狼くらいにはならないとな

5: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:33:23.85 ID:GDnsj1Tu0
紫電改の鷹のラストは泣いた泣いた

7: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:33:25.86 ID:dG097P6a0
米帝が倒されるのはいつか

10: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:35:19.58 ID:J6HnWtDV0
悲しいけど これ 戦争なのよね

45: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:26:35.54 ID:wcu7/1jn0
>>10
ネズミ男みたいだよね

15: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:45:50.25 ID:6aabpPHp0
カラー…なの?

183: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 10:55:29.17 ID:KktONdqx0
>>15
当時米軍だけが開発されたばかりのコダックのカラーフィルム持ってたので、
米軍の記録にはカラーの部分がある。

16: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:46:52.12 ID:zSViFXsx0
反撃を食らわない一方的な戦いになると
もうやりたい放題の殺しまくり
戦争法規なんてまったく無しで、問われるのは負けた側の罪だけな
アフガンやイラク見てても変わってないだろ

26: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:59:31.18 ID:PPJ9jD6C0
>>16

残念ながら、

太平洋戦争では、末期になってもアメリカの一方的戦いではなかったな。
この紫電改にしても、松山沖の空中戦で、アメリカの並みいる最新鋭の戦闘機に手痛い損害を与えてる。

何しろ、あの原爆を使わず、日本上陸を果たす覚悟をしていたアメリカ軍は、
その後の死傷者数を50万人と予想していたぐらいだ。

33: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:11:57.05 ID:hIo7WfWB0
>>26
しかし沖縄戦後に日本は敗戦を受け入れる準備を進めていた
国民を守れない国は戦争を続けることが出来ない

196: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 11:03:47.23 ID:DUHtuHWH0
>>26
松山航空戦の米軍側被害は空戦被撃墜3機のみ。残りは対空砲火と着艦事故
紫電改は地上撃破含め20機前後を失ってるので一方的な敗北というのが現実

19: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:51:44.18 ID:wTww7r9M0
紫電改は効かないリアップの方がいい

20: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:52:15.64 ID:DZEBnpnl0
民間人空襲とか核とか、そりゃ悲惨だと思うけど
アメリカは歴史的にみるとむしろ勝者としてはかなり謙虚な部類だと思うけどな

32: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:08:15.22 ID:HFekHvVZ0
>>20
その謙虚さと日本人の割り切りの良さが見事に噛み合ったのが戦後日本
ホントどっちにとっても幸運だった
でも、アメリカはその幸運を理解せずに、イラクで同じ事起きると思い込んで泥沼にはまり込んだ

48: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:30:31.17 ID:osZX9hnU0
>>20
日本帝国が気が弱すぎ。イタリアでさえ陸上戦があったのに。

22: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 08:55:01.14 ID:Xd+h7QYP0
>名前の引用については、開発者が「紫電改に乗りたかったので」と答えている。

29: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:05:15.71 ID:7mDYysTzO
市街地への無差別絨毯爆撃は戦争犯罪なんだが?
アメリカの戦争犯罪者が罪に問われてないのはなぜ?

64: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:44:20.81 ID:AsTLOnG60
>>29
一応アメリカとしては都市への大空襲は無差別爆撃ではなく、軍需工場の爆撃であり
ただし日本の軍需工場の多くが町中の中小工場だったので市民の被害になったとしている
これは東条英機が演説で、アメリカは大工業力を誇っているが、日本の軍事工業は町中の無数の中小工場によりアメリカに対抗できると言ったのを受けてのこと
だから東条英機にも責任がある
で、アメリカは市民に対して空襲するから逃げろというビラを事前に撒いている
アリバイ作りなんだけどね
実態は無差別爆撃そのもので、焼夷弾による市民の大虐殺なのだが
アメリカはやり口が巧妙なんだよ
アメリカの歴史では無差別爆撃はなかったことになっている

92: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:55:08.55 ID:PPJ9jD6C0
>>64

オマエも、もしオマエが日本人なら分かってると思うが、

オマエが述べた歴史的事実は、すべて日本人は知ってること。
しかし、だからと言って、戦後、日本人はそのようなことを持ち出してアメリカを非難することはない。

ナゼなら、すでに述べたが、
近代の「戦争とは」、国民同士がそれぞれの国益を掛けて、全滅覚悟で行うもの。(総力戦)

そして勝敗は時の運。
負けたからと言って相手を恨むこともないし、勝ったからと言って相手を蔑サゲスむこともない。
戦後に戦争当事国が集まって「講和条約」を結んだなら、もう、戦争のことは二度と持ち出さないで、新しい関係を築いていくのだ。

   ※いまだ、戦争当事国でもない中韓が(戦争当事国は現在の台湾政府)
    グダグダ戦争中のことを持ち出すのは、本人達は気づいていないが、丸バカをさらしてるだけのことだ。

31: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:07:43.65 ID:vAJKR1Ro0
石油も資源もなくてよく戦ったもんだ
四面楚歌で今の北朝鮮みたいなもんだろう

37: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:18:26.12 ID:p7EAv4Op0
紫電改を拡大した
no title

42: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:24:06.49 ID:chxVTyab0
>>37
毛根の拡大画像だと思ったのに。

47: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:30:01.82 ID:rk8TWXX20
しかしあの育毛剤のメーカーはなぜ、よりにもよって「紫電改」なんて命名したんだろうねえ?

知名度なら零戦、隼だろうし、量産最強機なら疾風だろうし、その方が名前の響きだって
かっこいいだろうし。

53: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:35:52.11 ID:s4Jfb94c0
>>47
育毛剤の商品名に「ゼロ戦」はどうかな・・・。

155: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 10:26:14.73 ID:zjkePR+G0
>>53 それ使うと、残った毛を根こそぎゼロにしそうで怖いな.......w

51: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:33:47.57 ID:rk8TWXX20
今、ググったらカネボウに「シデン」という育毛剤が元々あってシェアでライバル製品に負けてたので
その改良版ということで「紫電改」だったのか。

52: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:35:29.24 ID:osZX9hnU0
まあ髪の黒さを紫とかで表現するからだろう。

57: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:38:09.53 ID:0rPhARVK0
正直、最近の旧日本軍賛美の風潮は、どうにかならんのか。

戦争を知らない世代が歴史を勉強した結果、
なぜそれが自衛隊を含めての賛美につながるのか。

歴史は歴史、行政組織は行政組織、そうならないのは違和感を感じる。

60: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:41:01.52 ID:loK6hu3C0
>>57
どっかの国が日本を貶めてるからだと思う。
あと独ソ戦は読んだほうがいいと思うな。背筋が凍るから

85: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:52:28.41 ID:JwVLP5qM0
>>57
日本兵や一部将校を賛美しても
日本軍を賛美はあり得ない。

官僚組織になった軍隊で負けたんだかたら。

本来はハワイには全力で上陸して
講和条約結ぶべきなのに
中途半端だらけ。

94: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:55:48.62 ID:vAJKR1Ro0
>>85
同意
今でも不思議なのが、真珠湾攻撃してそのまま帰ってきてしまったこと
普通占領するでしょw

109: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 10:03:30.19 ID:lmyUqD1WO
>>94
占領する国力は、そもそもなかっただろ。

当時のアメリカは、年間500万台の自動車生産をしてたんでは?
経済制裁を受けてた日本と違って、工業力では圧倒してたからな…

124: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 10:08:40.33 ID:vAJKR1Ro0
>>109
だとすると、アメリカの再生を待つことになるよね
それだけ工業力も高かったわけだし
真珠湾は神風的な攻撃だったと言わざるを得ない

59: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:40:32.90 ID:W0w6srlbO
本土決戦を避けた事をヘタレとなじる輩は
敗戦革命を企てたアカヒの一派とみなしていいの?

68: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:46:43.17 ID:97rBUmMB0
つい育毛剤の方かと思っちゃうわ

73: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:48:08.64 ID:rmB7cUlY0
都市伝説的なものなのか実際そうだったのか知らないが、戦争末期の機銃掃射に関する体験談には、無差別な銃撃を繰り返した
敵機が低空を通り過ぎる際に、パイロットの顔が笑っているように見えたという話がとても多い。

177: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 10:48:26.21 ID:luOdZHL40
>>73
うちの親とか親戚とかもやられた言ってたな
ほんと面白半分に、逃げる人を追っかけまわして撃ちまくってたと
みんな口をそろえてパイロットの顔が見えたって言ってるんだけどどうなのかな

F-1のホームストレートで通り過ぎるドライバーの様子とか見て取れるだろうか
機銃掃射される側は生死の境で感覚が増幅してたって事なんだろうか

75: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:48:43.08 ID:pLV3Nvmy0
北朝鮮は日本みたいに戦争出来ないだろうな

何せ国も民族もみーんな【ヘタレ】&【ハリボテ】ですからねw

no title

88: 名無しさん@1周年 2017/05/01(月) 09:53:48.18 ID:xgXtE6yvO
水上偵察機を特攻に使うとは、赤とんぼを動員したとも聞く
沖縄を取られた時点で白旗あげるべきだった