1: ニカワ ★  2016/09/28(水) 02:40:41.30 ID:CAP_USER9
宗教学者 島田裕巳さん (c)朝日新聞社
no title


 総額10万円台の「格安葬儀」が登場したかと思えば、お坊さんの読経もネットで注文できる時代となり、都心には遺骨の「高級マンション」とも言える納骨堂のビルが立つ。いずれ向き合う日が訪れる、弔う側、弔われる側のわれわれが納得できる逝き方とは。

 多様化が進む“逝き方”の中でも、一つの究極の形と言えるのが、宗教学者の島田裕巳氏が提唱する「ゼロ葬」である。


 このゼロ葬、火葬場で焼いた遺骨を遺族が受け取らず、遺骨の処理は火葬場にまかせる。これにより遺族は、墓探しや納骨を巡るわずらわしさから解放されるというのだ。

 それにしても、この想像を超えるスタイルは、世の中に受け入れられるのだろうか。島田氏はこう説明する。

「私が提唱する以前から、『ゼロ葬』は一部で行われていたはずです。日本人の中で『先祖』という概念が廃れてきており、○○家の墓といっても、知っているのはせいぜい祖父母まで。『先祖供養』の場である墓も不要となりつつある。遺骨を電車の網棚に放置する『遺骨遺棄』が実際に起きているのも、日本人の考え方が変わっている象徴的な事例です」

 実際には、遺族が遺骨を受け取ることを原則としている火葬場が多いが、地域によっては希望に応じてくれるところもあるという。

「西日本では、遺骨の一部しか遺族に渡さない『部分収骨』が一般的で、比較的、『ゼロ葬』に応じてくれる火葬場が多い傾向がある。関東でも一部で応じてくれることがあります。『ゼロ葬』をプランの一つにしている葬儀会社もあります」(島田氏)

 島田氏によれば、そもそも日本人が現代のようなお墓のスタイルを確立したのはごく最近になってからなのだという。

「戦前までの日本では、土葬が一般的。立派な石塔などを建てるのは上流階級だけで、庶民の遺体は棺おけに入れて土に埋められた後は墓碑などはなく、実質的に捨てていた。代わりに、菩提(ぼだい)寺の位牌(いはい)堂に納められた位牌を拝んでいたんです」(同)

 戦後になると、都会では郊外に墓を建て、マイカーに乗って家族でお墓参りに行くというスタイルが普及した。

 だが、これはマイカー文化が生んだ一種のレジャーでもあり、核家族化やマイカー離れが進んだ現代のライフスタイルにも合わなくなってきたという。

「今のお墓のスタイルは意外と根が浅く、日本人の歴史全体の中では、熱心にお墓をつくりすぎていた時代とも言えます。今後、お墓にまつわる形が変わっていっても不思議ではありません。葬儀の簡素化も同じ。戦後の企業文化の中で『社葬』が流行し、葬儀が大規模化したが、今や企業も変わり、かつてのような濃密な人間関係はなくなった。ライフスタイルの変化とともに、葬送の形も変わっていくのです」(同)

http://dot.asahi.com/wa/2016092300111.html




2: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:41:49.12 ID:fdM2k1Y90
>>1
こういう人って自分だけは墓作ったりするんだよな

22: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:53:04.84 ID:KxRe4sQJ0
>>2
レーシックを勧める、眼鏡をかけた眼科医みたいなものだな。

180: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 04:37:18.14 ID:TRUDyRor0
>>2
自分が墓作ろうが
そこに入れる入れない決めるのは遺族だからな

35: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:02:56.37 ID:B/BZ6zzc0
>>1
不要っつーか、貧乏人ばっかりになってお金払えなくなってるだけ。

57: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:18:11.94 ID:T0IpXnTU0
>>1
東京じゃ墓地不足だというのにどこの話しですか

83: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:35:18.00 ID:S8t2OOKV0
>>1
そもそも葬儀代含めて高すぎる
花だけでもちょっとオプション付けると万単位で費用が増える。

3: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:45:00.81 ID:D6Ph3/7+0
>西日本では、遺骨の一部しか遺族に渡さない『部分収骨』が一般的で

東日本でも同じだぞ
骨全部は壺に入らないから遺族呼ぶ前に間引く

67: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:22:47.99 ID:pNxI6lu40
>>3
温度次第で焼き尽くす事も可能なのだろう

全部灰にして撒こうよ
俺、風になるわ

4: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:45:22.91 ID:zSABSSnT0
子のいない単身者が増えれば尚の事やね。

5: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:45:49.46 ID:51PQCo/Z0
この人がオウム賞賛して信者増やして大事件の後もなんの責任もとってない学者さんですか。

190: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 04:40:16.83 ID:O4dkDCku0
>>5
殺人集団オウムを潰さないように全力で働いた
江川紹子は言うにおよばず、有田芳生にいたっては議員先生だから
問題ないなw

6: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:45:52.18 ID:7xz3Sv3d0
先祖と言えども思い入れがある人以外の骨なんてなんの価値も無いだろう。
それでなくとも骨を重視するのは儒教の影響だから、馴染みは薄いし。

7: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:47:08.58 ID:GMTsT54A0
自分の骨はゴミとして処分してくれてもいいが嫁や子供や親のは無理だわ

9: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:48:30.94 ID:F5/r7/gm0
>>7
一部を除いては今でも捨てられとるやろ

10: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:48:33.28 ID:NckkDTtW0
江戸時代の墓が残ってるうちは上流階級だったのか?
そりゃ小作人ではなかったけども

この人、どうも瑣末な知識ですべてを断定してるから信用できない
オウムに簡単に段される程度の脳みそだしね

11: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:49:05.48 ID:vQXso5KJ0
何も残さないのは子孫のためかもな。

12: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:49:36.59 ID:2Ly5WBmi0
遺骨だけ貰ってもいいけど墓は要らないかな

14: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:50:06.87 ID:pS6Jqakj0
NHKクローズアップでやってたな

15: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:50:22.40 ID:+2eOQ1HY0
天涯孤独だから墓はいらない

18: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:51:34.59 ID:EkE7EgPB0
これ絶対いいよ
私は賛成。

20: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:52:41.96 ID:KzrOIAp00
ぶっちゃけ人の死を商売にされるよりは
何事もなく消えていく方が別れとしては純粋だな

24: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:54:32.38 ID:FrUCvwLA0
墓碑がないのは子どもだけで、庶民にも墓碑は普及していた
当時は石版みたいなものを一人一人に建立した
家単位になったのは明治以降でマイカーとは全く関係無い

25: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 02:56:11.96 ID:bu0L8Kfw0
どこの先進国もこんなに殺伐としてないだろ

親戚の人は田舎の旧家なので所有地の裏山に先祖の墓がずらっと並んでる
そういうのうらやましい
死んでもずっと後になっても誰かが自分のことを考えてくれたらうれしいだろうね

39: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:04:41.30 ID:yNZdzcZq0
>>25
死んだ人間がなにか感じるのかよ焼かれた事もわからないんだぞ
それだったら猿犬猫牛豚鳥魚なども感じないと合理的な説明にならない

31: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:01:14.08 ID:yNZdzcZq0
先祖供養したからといって何かいい事あるわけじゃないしどうでもいい
坊主は儲かるな

32: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:01:20.14 ID:Li/rB36s0
俗ボケの権力争いと金集めに必死になってる常識知らずの糞坊主に銭払うのが絶対に嫌だから
俺の遺書にはもう火葬にして灰を捨てるだけで葬式は絶対にするなって書いてあるわ
10年前から。

33: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:01:41.20 ID:XBm/VtX30
本来、仏教に墓は存在しないってつい最近やってたな

36: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:03:26.96 ID:EkE7EgPB0
遺体や遺骨にしがみ付くのって日本だけだよ

44: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:10:24.37 ID:FrUCvwLA0
>>36
米海兵隊は戦友を一人も置き去りにしないと公言してるぞ

141: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 04:18:43.49 ID:yNZdzcZq0
>>44
息をしてる戦友の場合が抜けてる
死んだ奴はおいていくよ重くてしょうがねー

40: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:05:21.98 ID:W5bO+CXE0
旧約聖書系の宗教だと最後の審判の時に身体が無いと具合が悪いので
土葬が一般的だが、国土面積の狭い地域だと火葬が奨励されるらしい

42: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:09:29.92 ID:yNZdzcZq0
>>40
骨の原型を残す火葬は気持ち悪がってやらない
強火で小さな骨片にする

73: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:27:22.77 ID:Wa6uBtGs0
>>42
海外でも後で砕いてるだけで骨自体は残るんだよ
これなんて、日本でもこれだけ頭蓋骨もしっかり残っているのも珍しいだろう
https://youtu.be/BHBaCZ3slis?t=1m33s


163: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 04:28:01.65 ID:yNZdzcZq0
>>73
遺骨を人目にさらして骨拾いなどバカなことはやらない

45: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:11:39.02 ID:iP2juzqW0
何らかの埋葬ってのは必要かもしれんが、先祖代々の墓なんて一部の人間以外、
コストパフォーマンスに合わなくなっているんだな

48: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:12:14.78 ID:QbmUTtpD0
家の両親が長野の善光寺に永代供養で買ったけどその金が坊主の外車代になると思うと原辰徳だわ

49: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:12:44.96 ID:vul3eJra0
縄文時代より遥か古代からあるぞ?

50: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:14:51.02 ID:LQTeyDuF0
焼き加減を気にしなくていいから焼く方は楽だろう

51: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:15:04.54 ID:3QKLy+9H0
もともと墓なんて庶民の文化にはなかったんだろ。
なくてもいいよそんなもの。

52: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:15:45.23 ID:Hi3z6b2g0
俺の家族は高野山に納骨しする事になってる
分骨扱いになるがねw
子孫や墓が無くなっても高野山がある限り供養してもらえる

53: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:16:08.52 ID:2unXYtvO0
お墓って、家族だけがお参りに行くわけじゃないんだけどな

親友や付き合ってたこと人とかが死んでしまったら
お墓参り行きたいよ
自分は実際そうしてるし

先祖だけじゃなくて故人を偲ぶ人が居続けることも忘れないでほしい

144: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 04:21:31.04 ID:yNZdzcZq0
>>53
だからそれは個人の環境に依って変わってくるんだよ
仏事神事を人に押し付ける時代じゃ無くなってる

58: 名無しさん@1周年 2016/09/28(水) 03:19:08.62 ID:ql5fYOaG0
火葬場に任せるなんて、便利すぎ。
これも、世相と言うもんだよ。

仏教はますます廃れる。
坊主も丸儲けしか念頭にないし・・。



【2ch以外でのコメント】

>そもそも昔はお墓文化はなく中国から先祖崇拝が伝わったものだと何かで聞いたことがある。確かにお坊さんには痛手だろうけど、現状若い世代の子は葬式から法事と何かにつけて負担が重くのしかかるし作法など解らない人も増えている事実。法律で押し付けるのではなく個人の選択で自由に選べるようにすればいいと思う。

>田舎は辛いよ。
自分達は納得してそれでいいと思っているのに、外野がうるさくてかなわん。

>確かに、日本は死後産業業者の言いなりでかなりの出費をさせられている

>自分もなにかあったら海洋散骨でと頼んでいるが、家に墓があるし…と言われる。
墓があるのは百も承知、親父と同じ墓に入りたくないからだ。

>私のお墓の前で泣かないでください。そこに私はいません。

>先祖代々の墓があるし、守っていきたいとは思うけど
年金がすずめの涙と言われている年代なのでもしもの心配はある。
こういった心配事がない世の中になってくれと願うばかり。




転載元
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1474998041/