26017000584



1: 百谷王 ★ 2014/04/08(火) 22:00:31.51 ID:???0.net
 ペンシルバニア州ピッツバーグにある病院の外科医たちは近く、銃で撃たれた被害者をまず死なせる、
もしくはそれに近い状態にさせることで、その命を救おうとしている。
銃で撃たれた、もしくは刃物で刺された被害者が大量出血のため心停止に陥ると、
どんな勇敢な蘇生の試みが行われても、その90%は失敗に終わる。
しかし今月、ピッツバーグ大学医療センター長老派教会病院の
サム・ティッシャーマン(Sam Tisherman)、パトリック・コハネク(Patrick Kochanek)
両氏の指導のもと開始される研究で、より優れた救命法の存在が検証される。
それは心拍が停止した後に体を冷却し、ほかの機能もすべて実質的に停止させるものだ。

続きは元ソースで
http://topics.jp.msn.com/life/environment/article.aspx?articleid=3976582




2: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:01:18.39 ID:knr0FA6S0.net
9名を救命

3: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:01:28.14 ID:tqZNIwuu0.net
冷凍食品アルヨ

5: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:03:16.28 ID:f9qE70bO0.net
其れで脳細胞も維持できるんでしょうか?

6: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:03:19.21 ID:ObxqAtdl0.net
シューマッハか?

8: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:06:43.31 ID:du05U5Um0.net
あー、なんだ、
未来の医療技術に任せるって話じゃなくてですか

24: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:21:49.75 ID:DIG9D6be0.net
>>8
ブラックジャックにそういう話あったな

9: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) 2014/04/08(火) 22:07:49.11 ID:ScMa8zNo0.net
.
 低温療法は、日本が先に実践していたのになぁ。
 移植ドナーが減るわけだが。

10: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:08:17.73 ID:oVCQgO3k0.net
そこで登場するのがSTAP細胞なんです
詳しくは明日の会見で

11: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:09:34.14 ID:CJLhJw6z0.net
なぜか人工肛門に見えた
疲れてるのかな......

50: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 23:12:20.72 ID:R7qpUFmB0.net
>>11
俺も俺も

12: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:11:46.84 ID:YvpQmDRL0.net
法的な死の概念が混乱しそうだな

13: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:11:58.67 ID:s16OwPcI0.net
コールドスリーブ中は年金どうなるの?
救命を試みなければ寿命最長記録越せるのか

14: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:12:25.92 ID:yOF1GNlZ0.net
まぁ心停止で個体としては死亡しても全身の細胞が一斉に死ぬわけじゃないからな。
とは言え、この方法じゃ結局問題先送りにしてるだけだろ。輸血のストックが無くて間に合わない
とかの理由じゃないかぎり意味ないと思うが。

15: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:13:29.05 ID:SsLlBaDw0.net
医龍でやってたな

16: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:14:08.99 ID:N0/C2wuA0.net
目覚めて病気が治ったら、家族も友達もいない、資産もない、生きた化石、社会も文化も理解できない、将来を悲観して首を吊りましたとさ。

17: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:14:19.56 ID:Ln0OMo7r0.net
>被害者をまず死なせる、 もしくはそれに近い状態にさせることで

それやったら、体から魂が離脱すると思うけど、蘇生は可能なんだろか・・・・
再び心臓が動いて、機能的には生き返っても、生命そのものの「霊魂」が
果たして戻るのだろうか・・・

23: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:20:23.89 ID:ukKj/hNc0.net
>>17
きらいじゃないぜ

19: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:14:51.98 ID:3ylSZejG0.net
狂犬病で唯一助かった人の治療がそれだったんじゃね

22: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:18:11.16 ID:ub2gGQoO0.net
「こりゃ助からんわ」っていう怪我人や急病人が出た場合に
その場で人体を丸ごと急速冷凍するキットが公共施設内に
配備される日も近いな。

56: 名無しさん@13周年 2014/04/09(水) 00:29:43.98 ID:MdiOEDBf0.net
>>22
大災害で万単位の冷凍人間が…
どうすんのこれ?

一人ずつ直していくしかないだろう

25: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:22:05.83 ID:16ey0sLn0.net
人工冬眠か…確かブラック・ジャックにそんな話があったな。

26: さざなみ 2014/04/08(火) 22:22:58.43 ID:ndORl/zQ0.net
何年間も保存できる訳じゃ、なさそうだな。

ならばコールドスリープみたいなトラブルも起きないだろう。

28: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:25:40.38 ID:I2EA6Dek0.net
氷点まで下げたら細胞中の水分凍結による細胞膜破壊で蘇生不能になる
4℃が限界か

71: 名無しさん@13周年 2014/04/09(水) 16:22:54.77 ID:3hkjwbpm0.net
>>28

やっぱそうだよな。

じゃなかったら、大雪の遭難で凍死した人を


レンジでチン


すれば生き返っちゃうもんな。

29: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:25:44.99 ID:UkEcd0/V0.net
普通に人体実験

31: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:29:46.55 ID:ub2gGQoO0.net
アメドラのドクター・ハウスで死に掛けの女の治療方針が決まるまで
何日も冬眠みたいな低体温状態を維持する話があった。
結局死んじゃうんだけど、あんな感じの医療が既に現実化してるんだな。

32: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:30:04.04 ID:vo9rvdXr0.net
えーっと・・・・・救命してないじゃん!
って、突っ込みないの?
いきなり違う時代に生き返ったら嫌だろうに。

33: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:31:16.70 ID:JMT9mJ0l0.net
冷凍睡眠は実用化に向けて研究して損はない。
惑星間航行やら囚人保管・難病患者の仮置きに使えるだろうからな。

あと、死刑に反対の国も冷凍刑ならOKするだろう。
解凍する予定がないなら死刑と変わらんがな。

34: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:32:53.39 ID:QQWbHwOP0.net
未来人は生き返らせてくれるんだろうか
まぁどうせ本人は意識無いのでそのまま埋められたり焼かれても文句言えないのだろうが

35: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:33:06.11 ID:McPopGJ60.net
せめて脳だけは取り出しといて体だけ冷凍とかでないと無理なんじゃね

36: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:33:57.02 ID:QQWbHwOP0.net
その会社が無くなっていようが臓器くりぬかれても文句言えないな

38: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:34:30.56 ID:QQWbHwOP0.net
そのうちコンピュータに人格再現とか記憶再現やコピー技術はできるかもな

41: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:40:32.96 ID:vo9rvdXr0.net
>>38
同じ人格が増殖するな。
漫画にあったな・・・・・
「銃夢」だったっけ?

死にそうだけど、できうる限り救命します!
死にそうなので、さっさと冷凍します!

さぁ、どっちか選べ!!
ただし、解凍できる保証はない!!

39: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:37:47.92 ID:945YXEt90.net
死体を凍結してしまうと、水分が膨張して組織を破壊してしまうので、将来医学が発展しても
復活は難しくなるとのこと。
なので、米国の金持ちは、死後、冷却と同時に電磁波を当てることで水分子を振動させることで
凍らせずにマイナス40度に保存してもらうのが流行ってるらしい。電気代とかすごそう。

43: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:43:48.04 ID:vo9rvdXr0.net
>>39
フリーズドライなら組織を壊さないぞ。
ミイラになるけど。
>>42
それなら脳外科の手術で
既に普通にやってるだろ。
救命でも脳の浮腫を防ぐのにやってる。
シューマッハがそうしてた。

42: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:41:53.21 ID:cq3kh74j0.net
あくまで低体温にして数時間細胞を延命して
その数時間の猶予で治療するだけでコールドスリープじゃないぞ

45: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 22:52:08.82 ID:JMT9mJ0l0.net
極低温だけど水分が膨張しない「現象」の確認
そしてそれを維持できる装置の開発

というステップが必要だわな。
ショックを与えられるまで零度以下の水が液体であり続けるって現象は
聞いた事あるが、アレを安定して維持するのは難しいわな。
体内の塩分濃度やらを変えて塩漬けにしたらできるかもなw

46: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 23:06:30.73 ID:XsoSD5J50.net
薬品を使って仮死状態にするのかと思ったら

47: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 23:09:27.51 ID:0FWjNRYZ0.net
それよりナノマシンを早く実用化してくれ
さっきディスカバリーでやってたけどあそこまで進んでいるとは

48: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 23:11:20.53 ID:mvFjqZ1T0.net
毛沢東とスターリンと金日成と金正日がその療法を受けてんだっけ?

51: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 23:13:55.89 ID:mvFjqZ1T0.net
人体展の人は永遠に生きてんだろ

52: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 23:33:06.38 ID:25yeLBVR0.net
魚の神経を麻痺させて新鮮な状態を保つやつか

53: 名無しさん@13周年 2014/04/08(火) 23:56:00.49 ID:m+tE/Ime0.net
アルコー延命財団

57: 名無しさん@13周年 2014/04/09(水) 00:31:56.73 ID:MdiOEDBf0.net
>>53
テッド・ウィリアムズ
ラリー・ジョンソン

55: 名無しさん@13周年 2014/04/09(水) 00:24:31.15 ID:+CZo/TY30.net
解凍に失敗して半煮えになったり、肉汁流れ出しちゃったりしないの?

58: 名無しさん@13周年 2014/04/09(水) 00:34:46.04 ID:/M43z5cM0.net
目が覚めたらトイレットペーパーの代わりに貝殻を使う時代になってたりして

60: 名無しさん@13周年 2014/04/09(水) 00:36:57.36 ID:li7maQTS0.net
たんぽぽクレーターみたいな話かと思った

61: 名無しさん@13周年 2014/04/09(水) 00:50:29.25 ID:gynXqDz20.net
モルフェウスの領域ですね!

68: 名無しさん@13周年 2014/04/09(水) 03:51:54.79 ID:l87CDR1r0.net
STAPも極冷と光刺激でやればよかったのに




http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1396962031/

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット

    トラックバック

    トラックバックURL